スポンサードリンク

花粉症に空気清浄機

花粉症の時期、部屋の中に入ってしまった花粉を取り除くためには「空気清浄機」を利用するのもよい方法です。
花粉はどんなに部屋を閉め切っても、人の出入りなどで侵入してしまうためです。
空気清浄機と言う言葉を知らない人はいないと思いますが、空気清浄機とは空気中の目に見えない粒子や臭いを除去するための空調家電製品です。

開発当初はタバコの臭いやペットの臭いを取り除くためのものでしたが、最近では花粉症やアレルギーの増加によって一般家庭での利用が拡がってきました。
また、花粉症対策として空気清浄機を選ぶときにはフィルターつきであることが重要で、花粉の大きさより細かい目のフィルターである必要があります。
そして、適応面積が広いものほど部屋の空気を循環させて多くの花粉を吸収しますので、自分の部屋の2倍から3倍のものを選ぶとより効果的です。

また空気清浄機を最大限に生かすためには設置する場所も重要です。置き場所によってはその効果が発揮されないことがよくあります。
そこで、特に注意したいのは「高さ」で、花粉を吸収させたい場合には床に近いところに置き、タバコの煙りや臭いを吸収させたいときには少し高い位置に置きます。これはタバコの煙や臭いが上へ行く特性があるためです。
さらに、吸い込み口と噴出口にはモノを置かないことが基本で、エアコンの気流が直接当たらない位置であることも大切です。

空気清浄機は窓を開けられない花粉症の季節にはとても便利なものですので、上手に活用して十分な効果を実感されてください。

花粉症用便利家電

最近、花粉症対策用の家電製品が続々と発売されています。
空気清浄機もその一つで、これは室内の花粉などを空気から除去するもので、窓を開けられない花粉飛散時期でも室内の空気を清潔に保つことができます。
また、加湿機能や花粉専用のフィルターがつくなど、高性能なものやデザイン性にも優れたものが増えて来ました。

空気の乾燥は鼻や喉の付け根の粘膜を弱くさせ、花粉症の症状を悪化させるため、湿度をコントロールできる加湿器はとても便利です。
さらに、潤った室内では花粉が舞い上がりにくくなり掃除もしやすくなります。

掃除機も花粉症対策には欠かせないもので、布団やカーペット、カーテンなどについた花粉は掃除機で取り除くようにします。
掃除機は吸い込んだ花粉やホコリを排気とともに室内へ放出するという難点がありましたが、近年開発された掃除機の中には排気が出ないタイプや、空気を浄化する機能がついたものまであります。

また、洗濯物が外に干せない花粉飛散最盛期には、乾燥機付き洗濯機は便利です。
さらに、布団も屋外に干せなくなるので、布団乾燥機があると活躍します。
ダニ退治効果や少量の洗濯物なら乾かせるBOXがついているものもあります。

他にも便利な花粉症対策の家電がたくさんありますので、便利な家電を上手に利用して花粉症の季節を快適に過ごしてください。

花粉症とサプリメント

花粉症の症状を抑えるには医師が処方する医薬品が効果的なのは自明の理ですが、中には医薬品の副作用や病院に行く手間を考えて、医薬品以外の対策を探す人が多くいます。

そこで誰もが考えることが、自分の食生活に足りないものをサプリメントで補ってしまおうと言う考え方です。
当然、食生活に気をつけることも大切なことですが、日常の食事だけでは必要な栄養素が不足してしまう場合があると考えるからです。
さらに、現代野菜などの食品に含まれる栄養素が低くなっているのも実情で、昔と同じ栄養を今とろうとすると昔の何倍も量を食べなければなりません。
そこで足りない栄養素を手軽にサプリメントで補ってしまおうということです。
日常の食事にサプリメントをプラスすることで健康維持に効果をあげますが、サプリメント信仰が過ぎてサプリメントだけで食事を済ますのはかえって健康によくありません。

また、サプリメントの中には販売元が表示されていないものや、表示成分が正しくないものが多くありますので、選ぶときには信頼できる販売会社の商品を選ぶことが望まれます。
サプリメントの初心者は、社会的に信頼のある大手会社のサプリメントから試すのが安全でよいでしょう。

花粉症に効果があるとされるサプリメントにはシソ、甜茶などがあり、プロポリスも最近では注目を集めています。

ただし、最近では若い女性を中心に「サプリメントをとらないと不安になる」という「サプリメント依存症」と呼ばれる症状が増えているといわれます。

最終的には、花粉症対策の基本はバランスのとれた食生活であり、サプリメントに依存しすぎない心がけが大切です。
また効果を十分発揮するためにも、医師の処方による医薬品と、サプリメントのバランスをとり規定の量を守ることが大切です。

花粉症にプロポリス

花粉症の対策として漢方薬やハーブによる療法が見直されています。プロポリスもその一つです。
病院で処方される医薬品は高い効果をあげますが、反面、副作用が強く様々な弊害が起こり得ます。
しかし、生薬には副作用があまりみられないというメリットがあり、こういった民間療法は近年特に注目を集めています。

プロポリスとはミツバチが樹木から集めた葉や花粉を唾液とともに噛み続けてワックス状にした天然の物質です。

プロポリスにはフラボノイド、鉄、銅、マグネシウム、亜鉛、アミノ酸、ビタミンA、B群、C、Eなど多くの栄養成分が含まれています。
その中でもフラボノイドは20種類以上含まれており、抗ストレス作用、殺菌作用など多くの働きがあります。
その働きによって体内に侵入してきたウィルスや細菌を撃退し、風邪を含む様々な感染症から私たちを守ってくれます。

そして花粉症の人が注目したい働きは「抗アレルギー作用」です。
花粉症は血液の中の免疫細胞が花粉などの異物に反応して、ヒスタミンという炎症物質を過剰に放出することで引き起こされます。
プロポリスにはこのヒスタミンを抑える働きがあるのです。
スギ花粉症への効果も臨床実験で実証され、花粉症対策のサプリメントとして注目を集めています。

プロポリスの効果を得るには少量を毎日続けて飲むことが大切です。
またビタミンCと併用することでウィルス感染やリウマチ、血管を丈夫にするなど多くの病気に効果があることが明らかになっています。
ハチミツやレモンなどと一緒にとるとよいでしょう。

花粉症の目のかゆみ

花粉症の目のかゆみは季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキなど季節限定の花粉が抗原となっておこるアレルギー症状です。

花粉症の目の症状はかゆみとともに目やにや涙が出て、ひどくなると痛みをともなうほど進行する場合もありますので、軽く考えてはいけません。

花粉症の目のかゆみを防ぐには花粉が目に入らないよう、また入っても貯蓄しないように気をつけることが重要です。

そのためには外出時に花粉対策眼鏡などを着用することが効果的です。

また、痒くなってしまったら人工涙液を点眼し、目に入り込んだ花粉を洗い流すことも一つの方法です。

そして花粉が多く飛ぶ日には窓を閉め、外出は控えるようにします。

室内に入ってしまった花粉はこまめに掃除をすることで貯めないようにします。

また花粉の飛散時期の前から予防的に抗アレルギー剤を点眼する予防点眼も症状を軽減する効果があります。

アトピー性皮膚炎や、コンタクトレンズ使用者、ドライアイの人は、特に症状が重くなる可能性が高いので十分な注意が必要です。

目の花粉症は失明に至るような重大な疾患ではありませんが、その症状は日常生活に支障をきたすほど不快になることもあります。

また、症状の出方はひとりひとりちがいますので、ご自分の症状についてよく理解し、日常注意することを守りながら生活しましょう。

花粉症には鼻うがい

花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつで、主な症状にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみがあります。
この症状は、くしゃみで鼻に入ってきた花粉を外に追い出し、鼻水で花粉を鼻の外へ流し、鼻がつまることでこれ以上の花粉が入らないよう防御するという人体に備わった防御反応です。
この防御反応には個人差があり、反応が全く出ない人もいれば、過敏に反応が出るという人もいます。

花粉症対策として鼻うがいも用いられる手段の一つです。
鼻うがいは鼻をかむだけでは出てこない鼻汁を洗い流すことができ、花粉症や慢性鼻炎、風邪などの対策として効果があると言われ、以前は耳鼻科で頻繁に行われていました。
最近では安易に行うと鼻の粘膜の剥離や損傷を招く恐れがあるということで鼻うがいを推奨しない医師も増えています。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりという症状があっても、実は花粉症ではないということもあります。
鼻炎や副鼻腔炎、風邪などは症状が似ていて紛らわしく自分では判断が困難です。
こういった症状が出たときには、医師の診断を受けて適切な処置を受けることが大切です。
特に鼻づまりは対策をとらないでいると、集中力が低下する「鼻性注意不能症」になることがあるので注意が必要です。

花粉症による鼻の不快な症状は、抗原となる花粉を吸い込まないことが重要な対策です。

テレビやインターネットの花粉情報を活用し、生活の中でいろいろな工夫をすることで症状を緩和することができます。

花粉症から来る肌荒れ

花粉症が原因で起こる肌あれやかゆみ、炎症などの症状には、正しいスキンケアを行うことが重要な対策です。

ここで対処法をお伝えします。

まず、低刺激の化粧水でしっかりと保湿をし、化粧をする場合は下地をしっかりとし、ファンデーションは薄めに押さえるようにのせます。
また、大事なことですが花粉のつきやすい油性のものは避けます。

花粉症の人はシンプルな化粧を心がけ、アイメークはアイライン、マスカラ程度にして、色物は避けた方が無難ですが、ノーメイクでは花粉が直接肌に触れ、かえって刺激を受けてしまいます。
ただし、皮膚剥けがひどい場合はできるだけノーメイクにし、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

帰宅後はすぐにクレンジングと洗顔で付着した花粉を洗い流します。
長時間、顔に花粉がついた状態は肌のかゆみの原因になるためです。

その後、化粧水で水分を補います。
肌にかゆみや炎症を起こしている場合は消炎効果のある化粧水が効果的です。

乳液や美容液などの保湿剤も、皮膚の再生を促進する成分を含んでいるものが効果的です。
肌の再生を早め、バリア機能を高めてくれます。

化粧水や乳液を肌に載せるときには、軽くたたくように行うことが基本です。
肌を横滑りしたり、すり込みすることは摩擦によって肌を痛めることになります。

またスクラブ入りやピーリング系の洗顔料は刺激が強いため、花粉症の季節には使用を止めたほうが無難です。
クレンジングはオイル系よりクリームタイプか水性ジェルタイプのものの方が肌に負担をかけません。

花粉症の季節は空気が乾燥し、紫外線も強くなります。
また目をこすったり、鼻をかみすぎたりして、肌はデリケートな状態になっています。
花粉症の季節は毎日のスキンケアを正しく、より丁寧に行うことが大切です。

花粉症はストレスでひどくなる

花粉症の症状を悪化させる原因の一つにストレスがあります。

ストレスによる病気は数多くあり、ストレスが身体に悪いということは周知の通りですが、花粉症も例外ではありません。

花粉症の季節は症状がつらく、暗い気持ちになりがちですが、自分なりのストレス解消法をみつけてストレスを貯めこまないことが一つの対策といえます。

花粉症は花粉という抗原に対して免疫力が過剰に働くことで起こるものです。
ストレスは抗原と似た働きをするため、ストレスを感じると免疫力が過剰に働きます。
免疫力が過剰に働くことで、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてしまうのです。

花粉症は今では幅広い世代に広がっていますが、中でも働き盛りの30代から50代に集中しています。
30代から50代は仕事などで最もストレスがかかりやすい世代です。

ストレスを解消する方法は人それぞれですが、自分の好きなことを思い切りする時間を持ったり、スポーツをしたりするのも有効な方法です。
また「ユーモア療法」という笑うことでストレスを解消する療法もあり、これはがん治療にも効果を発揮しています。

アロマテラピーで芳香浴やハーブティーを楽しむこともリラックスでき効果的です。

また十分な睡眠をとることはストレスをためないためには重要なことです。
自律神経のバランスを保つために遅くても夜12時前には寝るようにしたいものです。

不思議に花粉症は免疫力も体力のある働き盛りの世代に多く、逆に免疫力も体力も低い高齢者には多くないということです。

ヨガで花粉症を克服する

花粉症対策として注目を集めているものの一つにヨガがあります。

ヨガは近年健康やダイエットを目的として女性を中心にブームを巻き起こしました。

ヨガにはさまざまなポーズがあり、ホットヨガやパワーヨガなど種類もいくつかあります。
ヨガで重要となるのが「呼吸」で、ヨガのポーズをする時の基本となる呼吸は、鼻から吸って口から吐き出す「腹式呼吸」です。
体の中にたまっている悪いものを吐き出し、きれいな空気を吸い込むという考え方は、さまざまな病気に有効な呼吸法「鼻呼吸」に通じるものがあります。
運動不足解消にもなり、自宅やスタジオなど花粉が飛んでいない場所でできるメリットもあります。

ヨガは体のゆがみを正し、肩こりや疲労をとるとともに、精神的にリラックスする効果があります。
心に安らぎを与えることにより免疫バランスを整えます。
免疫バランスは花粉症の症状と密接に関わっており、実際にヨガを始めたことで花粉症の症状が大きく改善されたという人が少なくありません。

ヨガには「ジャラ・ネーティ」という鼻の浄化方法があります。
これは日本の「鼻うがい」と似ているもので、食塩水によって鼻の中を洗浄する方法です。
日本で「鼻うがい」は鼻の粘膜保護の面から賛否が分かれていますが、ヨガで行われる「ジャラ・ネーティ」は歴史も長く、継続的に行うことで鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やホコリなどのアレルギー物質へ反応を抑えると言われます。
最初は苦しく感じられる方法を、日頃から練習することで免疫力そのものを高めていくことが大事だと考えられています。

この「ジャラ・ネーティ」を花粉症対策として取り入れる時にはヨガの指導者、耳鼻科医師などの指導を受けてから行うことが望まれます。

指圧で花粉症を抑える

花粉症の出方はみなさんまちまちで、マスクをしていれば大丈夫な人から、花粉の飛散がひどい時は外出出来ない人迄います。

各自で対策はとっていると思いますが、それにプラスして指圧でも症状を軽くすることが出来ます。

まず、手の甲の親指と人差し指のまた間、合谷(ごうこく)をマッサージしましょう。

鼻がグジュグジュの方は、小鼻の上の鼻通(びつう)がお薦めです。

目がショボショボの方は、眉の外端と目尻の間から一寸外のくぼみ、こめかみと呼ばれる太陽(たいよう)をゆっくりマッサージしましょう。

また、花粉症に効果があるとされるツボの位置に磁気シールを貼るのも良いですよ。

スポンサードリンク